読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どどめ色の闇鍋

色々な備忘録。平成仮面ライダーとゲームが多い。すべて個人の感想です。

PSVITA「アイドルデスゲームTV」の感想・レビュー

ゲーム VITA

 

その名の通り、「アイドル達が山奥の洋館を舞台に生死とセンターをかけた争いを繰り広げるアクションアドベンチャーアイドルデスゲームTV(IDOL DEATH GAME TV/アイデスTV) 公式サイトより引用)。

 

ダンガンロンパと最近流行しているアイドルものを複合した感じ。
過去のセンター争いの大会にはじゃんけんがあったとか、そもそもグループ名が「プロジェクト47」なので、パロディもとのアイドルグループはAKB48

ゲームに負けたものは「デスライブ」という死の罰ゲームを受けるんだけど、これもダンガンロンパを意識しているんと思う。

ロンパっぽいところを指摘して低評価にする人がいたけど、別にそこはいいんじゃないかな。
ロンパは良いゲームだったし、それならそのシステムや要素を真似したゲームが出るのは自然なことで、うまく昇華して良作になっているなら全然気にすることはない。
そううまく昇華していれば………。

 

あまりにダルすぎて隠しシナリオだけ読んでない感想・レビューです。
最後までやって感想書きたかったけど、隠し部屋を発見するためにまた最初からやんなきゃいけないようだし(蜘蛛の巣の部屋だけ発見してなかった)、隠しシナリオもまた作業やらされそうなのでもう感想書いてしまいます。

あとはネタバレです。

 

 

1週目は茅ヶ崎 千春」編が固定。
「いまどきの正統派!」というキャッチコピーの似合う、あかるく朗らかなアイドル然とした女の子。
この「茅ヶ崎」編はさまざまな謎が残って終わってしまう。
そしてこの1週目のあとに、そのほかのキャラのシナリオが開放されるので「1週目は強制バッドみたいなもんで徐々に謎が分かっていくのね」と思った。

安心してほしい、あとの流れは金太郎飴状態です。

 

まず、7種のマルチエンドがあると言えば聞こえはいいけど、どれも『プレイヤーキャラ以外全員死亡』『運試験→ダンス試験→演技試験→投票前半→投票後半→プレイヤーキャラの秘密をドリパクが指摘する→最終試験(歌)→優勝するけどドリパクはトンズラして謎は残る尻すぼみエンド』の金太郎飴。

マルチエンドとは?7つの異なるシナリオとは?
まあ確かに細かい部分は違うけど、オチと大まかな流れが一緒なら7種つくる必要ないでしょ…。
あと真理子編で彼女の生存IFルートなんでないの?マルチエンドなら普通生存ルート用意するのでは?隠しシナリオで生存するとしても。

 

そしてこのゲームをコンプするには最低8週は必要だけど公式はちゃんと8週したのか?と問いただしたくなるほど、周回が苦痛な設計。

  • オートセーブのせいで取り逃したものがある場合、そのキャラクターのシナリオを最初からやらなければいけない
  • イベントごとに5~10秒の読み込みが頻繁に入るので、テンポが悪すぎる。
  • 探索パートのコイン集めがただの作業。救済としてコインを大量に獲得できるバクロワイヤルがあるんだろうけど、勝利基準が不明なので負けるときは負けてコインを奪われる。0になった場合は諦めて、最初からやったほうがいい。
  • 前半の試験の成功率がアイテムで強化してもミスするときはミスするから運。
  • というか最初の試験が、コイン集めの作業とルーレットの運要素という私の一番嫌いな「作業ゲー+運ゲー」の最悪のコンボ。目押しできるんですか?

パッと思いつくだけでも不満点がこれだけある。
そもそもこのゲーム、プレイヤーが操作できる部分が極端に少ない。
プレイ中のほとんどがただ見るだけで自分で動かせない、なのでフラストレーションがドンドンたまっていく。ゲームとは?

 


「じゃあシナリオはいいのか?」と聞かれるとお粗末な出来
終盤でキャラの秘密を明かされても、そもそも上記の点もあいまって没入感がゼロだからアッハイとしか言えない。そしてその抱えた秘密のせいでほかのキャラと衝突するとか、精神的に成長して解決するとか、そんな展開はない。バーンと明かされて終わり。
そう、とにかく薄いのだ。

この作品を買った人の多くは、アイドルがデスゲームに強制的に参加させられたことで発生するエゴ全開のやりとりを期待すると思うんだけど、そもそも彼女たちはこのデスゲームを番組の仕様だと最後まで思ってるから緊張感もクソもない。
デスライブも番組側のショーだと思ってるから、被害者の子は控え室で待ってるんじゃないかな?とかそういうノリ。
総じてフラットな展開なうえに、キャラ同士のやりとりも希薄。
ダークなぶつかりあいを期待していたら確実に拍子抜けする。

 

例にすると、天王寺 彩夏」編。

 

f:id:kame0game:20161022104817j:plain

 

最終試験で友人の烏丸と戦うことになる(投票次第では違う展開もあるぽい)。
負けたものは死ぬことになる。友情と葛藤とエゴのせめぎあい、無いです。
デスゲームをヤラセだと思ってるから、そういうの全然ないです。
試験が終わったあとにホントにデスゲームだったと気付く感じになるけど、もう遅すぎるんだよ。
あと烏丸が彩夏を崇拝するあまり、数々の犯罪行為をしていたことについても、全く触れられない。
それを知った彩夏が烏丸と衝突するとか、そういうのを普通期待しちゃうでしょ。
鳥丸編の道中で千春と会話したときに、烏丸は「彩夏に会うまで友人がひとりもいなかった」と話しているけど、それを展開してほしかった。

 

良かったところ

短所ばかり書いていたから、長所も書く。

キャラクターのモデリングはとても良かった。

自分は上田メタヲ先生が好きでこのゲームを買ったんだけど、パッケージの絵がそのまま動かせるのは感動した。
探索パートはダルいんだけど、高いところにあるものを取ったり反対に低いものを取る時に、キャラの座りかたや足の運び方がそれぞれ”らしい”ものになっているのは見てて楽しめた。しらせのペタンとした座り方すき。

 

デスライブは良かった

f:id:kame0game:20161022111921j:plain

 

犠牲になるアイドルたちの歌をBGMに執行されるデスライブ。
この歌は聞いててCDが欲しくなるものが多い。

ロンパで言うバターみたいな「え?死んだの?」が多い。
直接的な表現は少なく、ショーみたいなものでグロさは無いです。

ブラックジョークなバラエティで演出が統一されていて、コレには可能性を感じた。 
アイドルたちも衣装が違っててかわいい。

 

ただ1キャラ×2種類なので、2.3周すれば全部スキップの対象になる。 

しらせ編は結構よかった。

上記の通りおおまかなシナリオはスカスカなんだけど、しらせ編は復讐劇になっているのでこのゲームに求めていた要素がつまっていて割と楽しめた。

 

「しらせ」の本名は「ふじみ」。
かつては彩夏たちと同じグループに所属していたものの、烏丸の嫉妬と猜疑心のせいでヒドいイジメをうけてチームを脱退する。
『一新した容姿・偽名・笑顔の演技』というウソをかぶりまくって、いまのポジションにつく。
今回のゲームで偶然そろった彩夏と烏丸への復讐をたくらむ。

 

こんな感じ。
しらせはこの大会が本当にデスゲームだと1回戦で真理子が敗退したときに気づくから、そこが一番よかった。
千春と真理子を慕っているのはウソじゃない。自分がボールを受け取ったのが真理子が敗退した理由の一端になっていて死を悔やむんだけど、「よし弔い完了!」で切り替えがメチャ早い。
まり姉のことは好きだけど、それ以上に復讐を優先するドライさはある意味シビれた。

終盤の『今の自分は「ふじみ」ではなく「しらせ」だ』と言い切るシーンはカッコよかったし、「いずれはわたしも地獄行きだ」とほかのアイドルたちを蹴落とした行為などを自覚しているのはよかった。
「彩夏はイジメの件には全く関与しておらず、いまでもしらせが脱退したのは自分のせいじゃないかと不安に思っている」ことをドリパクに明かされたオチは、もうなにもかも遅すぎる点がうまく作用した後味の悪さだった。
「ふじみん信じないよ」。

 

まとめ

「アイドルたちがセンターのためにデスゲームをする」というアイデアは良かっただけに、キレそうになるダルい探索パートとそのワリを食っているんじゃないかと思うぐらい淡泊なシナリオが残念すぎる。

『CERO・D』の理由は、死体袋が出るからぐらいしか思いつかない。
コンシューマだから直截なグロは全く期待していなかったし、それより精神的にくるアイドルたちの黒い秘密や胃が痛くなるようなドロドロしたやり取りを期待していたのに、まったく無いのはどうなのか。

かわいい女の子がかわいそうな目に合う、という部分を期待していた人も多そうだけど、葛藤しないからそんなのは全くないよ。
デスライブもそういう部分では使えないと思うよ。

 

ただ、キャラクターの魅力は合ったと思う。
一番すきなのはてんあや、次はしらせ。
前者は自信満々で勝ち気なように見えて、実は小心者なうえに天然なせいで色んなことに気づいてないっていうおろかわいいところが気に入った。
しらせはブラックなところがツボ。
どのキャラが好きかな?って考えたときに、意外にも全員の長所と短所が頭にうかんできたので、キャラの魅力のポテンシャルは高かった。

 

それだけにキャラ以外の要素が足をひっぱって、ただの設定のカタログになっているのが惜しすぎる。
いっそ作業と運のアクション要素をとっぱらって、ふつうのADVとして出会いたかった。
モデリングはかわいいので、踊るアイドルたちを背景にした音楽ゲーム……ミクのDIVAみたいなやつを挟んで進むのがやりたいね。

 

隠しルートですべての謎が明かされるようだけど7周して苦痛&虚無ならあとも同じようなもんだと思うし、たとえ探索パートの改善パッチが出ても根本的なところは変わんないから、私はココで脱落させてもらいます。
グッバイ、アイデス。CDが出たら買うけど、ゲームは速攻で売ってきます。

広告を非表示にする