読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どどめ色の闇鍋

色々な備忘録。平成仮面ライダーとゲームが多い。すべて個人の感想です。

「仮面ライダーゴースト」の総評

 

kame0game.hatenablog.com

 

自分は平成ライダーはだいたい好きだけど、ひとつだけどうしても嫌いなのがある。でもゴーストを見たあとだと、「嫌い」という感情を抱いたということは、それだけパワーのある作品だったんじゃないかと思えてきた。
自分はそのパワーのベクトルをマイナスに感じたけど、逆に「好き」とプラスに向けたひともいる。だから賛否両論別れたとはいえ、強いちからのある作品だったように今では思える。

 

そしてゴーストはガムみたいな作品だった。
最初は味があったのに、話が進むにつれて味がなくなっていき、最終的に惰性で見ていた。一言であらわすなら「好意的な虚無」

 

1年つづいていた作品が終わったら、プラスにしろマイナスにしろなにかしら余韻や感情が湧き出てくるものだけれどゴーストは ‐無‐ 。
嫌悪感がなかったところが救いだけど、その好感も「悪人のいない作風」によるものだから、結果的に虚無の印象に繋がっている気が。

 

 

うすい

ほとんどのキャラクターが薄いのがしんどかった。
40話以上進んだらキャラクターに愛着とかわくもんだけどまったく無い、どれも記号的なキャラをうっすく伸ばした印象。


タケルは「みんなの絆をつなぐ!」を一つ覚えみたいに繰り返して、何を考えているのかよくわからない。
マコトは2号ライダーにもかかわらず、シスコンネタと突然増えたマコトネタの水増ししかされてねえ。
アカリはわりかし空気にはならずに、戦力外のヒロインとして頑張ってた。でも途中から、ふつうの理系の女子大生離れしたチートになっていた。

 

そしてアデルは口先だけで動かねえ完璧マンだし(悪人がいない作風とはいえ一応ラスボスのポジションなのに退屈すぎた)。イゴールはビンタされるマンで急にアカリに愛?を感じてよくわからん。敵の魅力も乏しかった。
ジャベルは、渋い強キャラ感が肉体を得てからは崩れていくのが人間らしくなったんかな?と感じたし、御成との交流があったから他の敵よりは印象がある。でもグンダリ!と叫びながら雑巾かけるのはツイッターネタをくんだんだろうな…。  

 

例外なのは御成とアランかな。
前者はコメディリリーフを突き通して、テンションの高い坊さんキャラっていう前例を見ないキャラや、ジャベルに対しての坊さんらしさとのギャップも良かった。
でも、顔にラクガキとかそういう悪ノリはいただけない。

 

後者は中盤でまともなドラマがあり、フミ婆や父親の死という「せつない仮面ライダー」成分を背負ったエピソードで、アランというキャラクター性に深みを与えていた。
そして物語を動かす力は結局アラン一家のゴタゴタだったので、じゃあ「仮面ライダーネクロム」のほうが面白かったんじゃないかと今でも思っている。
ただ、タケルの仲間入りしてからは気配が消えた。

 

ドラマが無い

40話以上もあれば積み重ねのドラマが自然と生まれそうなものなのに、ゴーストは中盤以降から偉人との絆集めのノルマと伏線回収にバタバタして、キャラのドラマが全くない。
情報の積み重ねはしていても、ドラマの推進がとぼしい。タケルの死ぬ死ぬ詐欺はもういいよ。さっさとデミアプロジェクトがなんなのか進めてくれって気持ちに。

 

 

あと、にぎやかし役がとにかく多かった。
キュビちゃんを途中離脱させたのは良かったとしても(見るからに持て余していたから)、2号ライダーのマコトですら、タケルの仲間という印象しかないのがどうにも。
ユルセンにいたっては、最初はあったコントも後半のシリアスになるにつれて無くなっていき、何でいるの?としか。
あと戦犯の仙人。「悪者がいない作風」だからこそ罪をまったく糾弾されず、ゴーストのフッワフワした印象につながっている。
竹中さんの高い演技力は、茶化したコスプレシーンやイーディス長官の大物感を手伝ったけれど、シリアスなシーンでもコメディをごちゃまぜするから、うまい使われかたじゃないなと思った。

 

まとめ

細かいことを気にせずに見れば楽しいんだろうけど、私は即物的に消費されるネタ要素よりも長く心に残るような要素を仮面ライダー作品に求めているからゴーストは微妙でした。


他の視点から見るなら、ツイッターでリアルタイムに楽しんでいた人は多かったようなのでシュールギャグとして見たり、アクションが好きな人は楽しめたかもしれない。
ライダーキックやバイクシーンは多く、パーカーの浮遊アクションは好きだった。

 

 

最終回のタケルのセリフでもわかるけど、テーマが「せつない仮面ライダー」から「絆=家族愛」にシフトしているのは一目瞭然。父親の思いを継ぐタケル、妹のために戦っていたマコト、兄や父親への思いで人間らしくなるアランなど。

にしても終盤の要所でいきなり出てきたタケル母とか、「おなかがすいた!」って最終回のセリフとか、部分部分で見れば良いシーンだけど過程が省略されてるからただ雑だなという印象が強い。

 

仮面ライダーゴースト 最終回を終えて 1年間ご視聴ありがとうございました | 東映[テレビ]を見ると、伝えたいことはわかるんだけどそれにしたって雑。

そして「幽霊」「家族愛」「英雄」というテーマのどれも中途半端でちぐはくにしか回収されていなかいのもどうにも。

 


矢部謙三の脚本家ということで期待していたけど、中身カッスカスで脅威のニート率しか誇れるところがねえって揶揄してしまう出来だったのは残念。
嫌いじゃないけどフワッとした虚無が残るのがゴーストでした。

なにはともあれ1年間お疲れさまでした。

広告を非表示にする