どどめ色の闇鍋

色々な備忘録。平成仮面ライダーとゲームが多い。すべて個人の感想です。

「仮面ライダーゴースト」の第32話~第45話の感想

 

kame0game.hatenablog.com

 

kame0game.hatenablog.com

 

上記は、前の感想とか。


エグゼイド発表されましたね。
ゴーストは脚本家のかたも含めて期待してただけにこのありさまなので、次ライダーは期待のハードルをかなり下げて見ることにします。

エグゼイドも出来がアレだと、連チャンはキツいので頑張ってほしい。
でも、もしかしたらゴーストは最後の最後で逆転サヨナラホームランを出す可能性があるかもしれないからまだ焦るような時期じゃない(今45話)。

 

 

32話、「追憶!秘めた心!」

  • 長谷川氏脚本
  • シブヤ回兼子供化現象後編、
  • 父親と母親の思いを知って、シブヤは母と仲直り
  • タケルの父、龍の真意を知る
  • 最終的にツタンカーメンの力で子供化なおった

 

33話、「奇跡!無限の想い!」

  • 長谷川氏脚本
  • 死ぬ死ぬ詐欺
  • 冒頭で死んで、みんなの信頼の力で復活で終わる回
  • 父親の言う無限の可能性が記憶読み取り能力(?)
  • フミ婆の後継ぎお姉さん登場

美しい世界を~~~~でよくもー!ってなるのはよかったよアラン。

 

34話、「迷走!夢の世界!」

  • 毛利氏脚本
  • ムゲン眼魂が登場
  • シスコン兄貴とタコヤキアラン
  • グリム兄弟にかけた、アカリの教授の兄弟の話
  • タケル復活のための眼魂を集めても、グレートアイを守護するガンマイザーがジャマらしい


寝顔にマジックするような畜生じゃなかっただろ、御成なんでキャラ崩壊してんの。
なにがあっても体を守るってのはいいのに。
ムゲンはちょっとかっこいい、羽乱舞とか神秘的な感じが。

 


35話、「真価!楽しさの力!」

  • 毛利氏脚本
  • イゴールにアカリと教授をさらわれる
  • 夢の世界でタケルたちがグリム女装
  • かがくってたのしいね、回

アランが御成に仕返しするのは笑った。
タケルのいつか一緒にごはん食べられたらいいなってエンドは好き。

 

36話、「猛烈!アイドル宣言!」

  • 長谷川氏脚本、坂本監督
  • 三蔵憑依とアイドル回
  • デミアプロジェクトのアイドルが心を読めるように。
  • アランが三蔵ワールドで特訓。
  • アカリがオーディションに合格。

冒頭のアクションかっこいい、美しい世界を守るマンになったアラン。
カノンちゃんはたこ焼き屋手伝ってるけど兄は……兄は職業仮面ライダーだから。
御成のクソギャグアフロは嫌いじゃないわ。

 

37話、「修得!それぞれの道!」

  • 長谷川脚本
  • アランVSジャベル
  • マコトVS軍服マコト
  • アイドルのことも解決したよやったね

38話、「復活!英雄の魂!」

  • 毛利脚本、坂本監督
  • ガンマイザーを撃破できるのはムゲンのみ
  • ジャベルと再会する御成
  • ガンマイザーとひとつになったアデル
  • ジャイロVSタケル

筋肉痛の恐ろしさを知るアラン。

ジャベルの最初のクールなキャラが崩壊してきて人間味が出てきたのは、肉体を得て文字通り生きた人間になっているからだと思う。
「生きる意味は生涯をかけて得る」、御成とジャベルの話はいいね。
御成はただのおもしろ坊主じゃなくて、ちゃんと住職者だと再確認できる。

最初のムサシと対話して、グレートフルを捨てられずムゲンで戦うことを拒む。
みんなのつながりを大切にする、ってことか。
15人の英雄召喚と、10連続ゴーストチェンジのアクションは好き。

 


39話、「対立!父と娘!」

  • 福田氏脚本
  • アリアにビンタされるイゴール(またか)
  • アリア、ダークネクロムピンク変身
  • 父親と娘の入れ替わり回
  • カノンにビリー憑依
  • アデルは世界の守護者と一体化

アラン父は長男や妻を亡くして、そこから「完璧な世界」を求めた。

マコトとカノンの謎すぎる両親のことが明かされる、父親は子供を捨てて母親は死んでいるらしい。
小さいころからタケルの父の龍を慕っていた。


40話、「勇気!悲壮な決断!」

  • 福田氏脚本
  • アリアの肉体が顕在。
  • 娘と父が入れ替わっていたのではなく、ガンマイザー(中身は父)・娘(ガンマイザー)・父(娘)
  • 前回の終わりで父親の悪事を暴こうとする娘だったが、指名手配に情報を流していたのは父の同僚だった
  • 仙人はマコト父が死んでたのを知ってた

カマパパはすき。


41話、「激動!長官の決断!」

  • 長谷川脚本
  • タケルを助けようと奮闘するアカリ、そしてベートベン憑依
  • 長官が寺に保護

普通にアラン様も寺に居候してて笑った。
タケルの飯は用意されてないのが、せつなポイント。
あとマコトの新衣装にあたるのが軍服マコトなんじゃないかと思えてきた。
長官がウルティマに……いったい何仙人なんだ。

 

「理想に心を殺されるな…、自分の心に従え…」
やっぱりアラン父は長男と妻を無くして、肉体と精神を切り離すことによって不死を実現する永遠の世界を作った。
そして、長官が人がむやみにグレートアイとつながらないためにガンマイザーを作った。
実際はカプセルの人間が粉々になるし完璧な世界じゃなかった。
グレートアイで世界を再生しようとする父だが迷い、そのスキをアデルに見抜かれて殺された。

 

マコトまた暴走してる…、アリア姉ちゃんは音信不通だしわかるんだけど脳筋かな?

 

42話、「仰天!仙人の真実!」

  • 長谷川脚本
  • 長官=仙人バレ
  • 仙人フルボッコと聖人タケル
  • アデル、改心フラグを自分で折る

比較的アカリはこっちのいいたいことを言ってくれる
アランのBGMは流れるとゴーストは名作なんじゃないかと錯覚させてくる良曲。
「人はひとりでは生きられない!!」


タケルの母親の話題が39話ぐらいからあるけど、なんかあるのか。
長官と仙人同一人物コントは笑った、やっぱそうじゃん。
最初のリミットなら仙人はどうにかできたのか。
仙人は自分がやらかしたことを反省していた。

 

人間は不完全だけど信念とつながりと心があればオッケー。
「人は変われる、人には無限の可能性がある」
タケルパパと長官は戦っていた、で長官が負けた
自分の生死っていうミクロな問題よりも、世界がやばいっていうマクロな問題に目を向けるタケルは聖人すぎでしょ。

43話、「接続!天才少年!」

  • 毛利脚本
  • アデルの肉体顕在からの全裸
  • デミア製コンタクトの使用者が、甘味を好む数学の天才になる。
  • クソコラマコト
  • デミア起動のタイムリミット

冒頭はサイコホラーみたいな雰囲気。

子供に面倒見がいい御成は癒し。
デミア製コンタクトはコンタクト同士でコンタクトがとれる、デミアプロジェクトは人間の世界をひとつにするもの。

44話、「起動!デミアの恐怖!」

録画わすれた。

 

45話、「戦慄!消えゆく世界!」

  • 長谷川脚本
  • アデルはパーフェクトガンマイザーに変身
  • アデルの心を読み取り、子供のころを知るタケル
  • 軍服マコトがカノンを襲おうとするが、なぜか自主的にやめる。
  • 謎の女性ふたり誰
  • ラスト、アカリのみならずマコトやアランにもタケルが見えなくなる。

 

広告を非表示にする