どどめ色の闇鍋

色々な備忘録。平成仮面ライダーとゲームが多い。すべて個人の感想です。

8月24日の日記

「傷物語」「Ⅱ熱血篇」」を見てきた。

前回の感想はコレ。 

kame0game.hatenablog.com

やったね、ちゃんと夏に無事に公開されたよ。
 

f:id:kame0game:20160823231103p:plain

 

このキービジュアルのキスショット、はいてないエロティシズムよりも神秘的な雰囲気が勝って、とっても魅力的で好きだったのに本編ではすぐ変化しちゃう。もったいない。

 

内容は、キスショットの四肢を取り返すために阿良々木クンがかま……敵と戦う回ですね。
キスショットの出番は前よりちょっと少なく、かわりに羽川さんの登場の割合が多くなった本作。
阿良々木クンと絡む羽川さんは表情豊かでキュート、ダカラのくだりは笑った。

 

  • ドラマツルギー…メッチャ動く!!!
  • エピソード…こんなかっこよかったっけ。ハハハハハ連発はシリアスなのにシュールで笑った。あと一番初報のBGM使われててうれしい、12pmだっけ。
  • ギロチンカッター…やってることは卑怯だけど渋くてカッコイイ→はい

 

血みどろ怒涛の作画アクションに羽川さんのパンツ推しというサービスシーンもバッチリ、物語シリーズに不足していたバリエーション豊かな男性キャラも登場して、トドメとばかりにメメのスーパー胸キュン「こらっ」シーンもあって、こりゃもう色んな層がニッコリ。

 

内容が頭から抜けているからまるで初見のように楽しめたし、次回の展開も忘れたから「Ⅲ冷血篇」たのしみ。
2017年1月6日公開決定!!!ホントかな?頼むよ。
あと西尾さん、りすか完結させて。

 

「鬼滅の刃」メチャクチャおもしろい

 

 

ハンター連載のときにペラ見してて、途中だから内容クエスチョンだったけど『妹が鬼になった』ということだけはわかって「ほーん、ちょうど1巻出るし好みの設定だし買お」からの入手即読書で「おもしろいじゃん…」です。  

 

身内に「おもしろいから読んで」って進めたら「表紙がおもしろくなさそう」と言われてショック。
確かに絵は荒いけれど『鬼滅の刃』はイラストではなく漫画なので読んでいるうちに味なものに感じるよ。
漫画は絵が巧みだからといって面白いとは限らない、逆もまたしかり。
とはいえ絵も話も卓越しているものも存在していることは、わきに置いておく。



和風バトルもので、堅実に展開を積んでいる印象だけれど化ける可能性をおおいに秘めている。
どうか打ち切りにならず、長く………ジャンプの長期連載はダラダラ続くので、ちょうどいい尺で長く続いてほしい。

 

そしてヒロインの禰豆子(ねずこ)、かわいいですね。
彼女は作中でひとことも言葉を発さないのに、小動物のような愛くるしさと鬼だけに鬼気迫った存在感を発しています。
この漫画は、主人公の炭治郎が鬼になった妹を元に戻すために不撓不屈に頑張る物語で、そこに人間とわかりあえる鬼がいるとか人外好きのテンション上がる要素まで混ぜてきて期待してるんでホントに打ち切りにはならないでくれ頼む。

広告を非表示にする