読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どどめ色の闇鍋

色々な備忘録。平成仮面ライダーとゲームが多い。すべて個人の感想です。

【RPG】魔王だらけのパーティ、フリーゲーム「ちょっと魔王さらってくる」の感想・レビュー

f:id:kame0game:20160320224305j:plain

DLサイト様

公式サイト様


配布時期・2012年3月7日。
ジャンル・死にゲー魔王育成RPG
制作ツール・「RPGツクール2000」。
プレイ時間・(ver1.05)約2時間半で1周目クリア。


「魔王よ、我が配下に加われ!」

玉座にたどり着いた少女はいきなり魔王に向かって叫ぶ。
何の戦闘能力も持たない彼女は、案の定数秒で返り討ちにされてしまう。
しかし彼女は「何度死んでも生き返る」という特殊能力を持っていた…。
いろんな世界から魔王さんをさらいつつ、
家事をさせたりお使いを頼んだり魔物討伐に出かける
死にゲー魔王育成RPG

公式サイト様より引用。)


逆ハーRPGと思ってダウンロードしたら、不死の悲哀や魔王の存在意義について触れていて、良い意味で期待を裏切った。

「フェニックスエイジ」という稀有な人種のフィリアが、生来の資質である不死身を生かして、並行世界の魔王をドンドン配下にしていく物語。
フィリアは不死という点以外は、とんと戦闘力皆無の自称村人B
ノーリスクで戦闘中なんどでも復活するが、肝心の戦闘力はなでる程度、回復魔法を使おうとすると自ターンが来る前に倒される。
なので、余りのトドメ役と撃破後の回復要員に。

配下になった魔王たちはさすがというか最初から強い…のだが、チートとまではいかない。
戦闘は一般的なRPGと同じだが、「属性攻撃」というシステムが単調な連打ゲーになることを和らげている。
とはいってもごり押しで行ける程度には強い魔王なので、2~4ターンで撃破可能。
双子参入後はオートでいける。


ラストバトルの前に前準備可、謎解きにつまったら作中でヒントを追加してくれる。
周回前提のエンド数脅は11種類、なので2週目からはザコ敵との戦闘や長い会話を省略可。
ユーザーフレンドリーで細やかな配慮。


負けん気の強いフィリアとプライドの高い魔王ヴィルの軽快な押し問答から始まり、個性豊かな魔王が登場していく。
RPGよろしく世界を脅威にさらしている者、おとぎ話に語り継がれるだけの者。
さらにキュートな女性の魔王もいるぞ。

魔王たちは威圧感があまり無いけれど、〆るところはきっちりして魅力的。
彼ら以外にもロリコンとかユニークなキャラクターがいる。
それだけに欲を言わせてもらうと、顔グラがフリー素材なのが惜しい。
好みの絵柄でそれ自体は決して否定することではないのだが、こんなに魅力的なキャラクターなのだから出来ればオリジナルの素材で見てみたかった。
テキストも好みだったので、すこしだけワガママを言ってしまった。

コメディ調のRPGなのだが、前半の陽気な雰囲気とはうってかわって後半はシリアスに。
豊富な小ネタが展開のすべりを良くしているので、シリアスがすこし苦手という人にもいいと思う。
男性キャラとの個別エンドが多く、女性にもオススメしたい。
現在2週目をプレイ中なので、全エンドを回収したらまた別記事で感想を記す。
あとは感想とメモ。















双子魔王の龍牙、天牙(和風)・ダークショタ魔王ブロム(中世ヨーロッパ)・引きこもりの魔王シェラじゃ(北欧ケルト)。

初回は、エンド5「不死身と旅」。
ブロムとイチャつきたいがために連れまわしてたしまあブロムエンドだよね。
ドラゴンになる底知れない力を秘めた魔王なのにかぼちゃ苦手とかなんなの?あざとショタ。
一緒に旅しても色気の欠片もないカボチャで笑った、しかも池ポチャエンド。らしいね。
でも開発室でブロムは身長ぬかすって情報でンンン。
サイコーだよ…。ありがとう…最高のゲームを…。

広告を非表示にする