読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どどめ色の闇鍋

色々な備忘録。平成仮面ライダーとゲームが多い。すべて個人の感想です。

【SRPG+ADV】25人の科学魔法少女 VS SFモンスター、フリーゲーム「魔法少女」の感想・レビュー

f:id:kame0game:20151216145857j:plain

公式サイト様

DLサイト様



公開日2012年8月31日
ジャンルSRPG+ADV」
制作ツールシミュレーションRPGツクール95」
プレイ時間約30時間ぐらいでクリア。


夏ごろからチマチマプレイして最近クリア。
クリアまで30~40時間はかかる長編フリーゲームです。
そのうち約20時間はシナリオ部分、約10時間は戦闘に浪費したと思う。


タイトルは魔法少女だけど、作中では「マジカロイド」と呼称される科学実験のたまものなので、戦闘美少女といったほうが正しい。
ただ最後までやると「魔法少女」だった。


良作だけれどマイナーなのは、類似タイトルの重複で検索にひっかかりにくい・フリーゲームにしては長いプレイ時間・快適とは言えないシステムが原因かな。

25人もの小学生~高校生キャラが登場して、色鮮やかな髪の毛やセクシーな戦闘衣装なので、一見ギャルゲっぽい。でも美少女キャラクターなのは見た目だけで、中身はエゴのかたまり。
マジカロイドの素質を持つ人は癖があるのが多い、と言われてたけれどその通り。
フィクションによくある過剰なブラコンやお姉さま~系がドン引き属性になるとはね。(そのふたりはどっちも性格がアレなので、相殺されて逆に好きになったプレイ後。)
低年齢ゆえの視野の狭さがかわいらしさに繋がらず、稚拙な考えに思えてもどかしくなるときも。



優等生とか金髪碧眼とか病弱なキャラがいるけれど、テンプレ設定に埋もれず生き生きとした人間ということが描写されている。
人間味があるってのはエゴの塊を柔らかく表現されるのに使う言葉の一種だけれど。

男キャラも変身するけれど、中世的な少年が多い。
そして、それを埋めるように雄全開の方が若干一名
筆者が好きなのは、千代子とリリーと烈かな。あとガンマとルフィンのコンビ。
メチャクチャ関係ないけど赤城烈ってジュエペきらデコに同性同名のやつがいたな…熱血キャラの名前って感じだもんね。

20人以上のキャラクターが全員キャラ立ちしていて類似しているのがいないのが見事。
顔グラを見ただけで本編で何やったかがパッと思い浮かぶ。


続きが気になるけれど、生々しい感情が蔓延する鬱なシナリオ
特に中盤の精神崩壊するさまと、31話あたりはみんなのトラウマ。
コレに匹敵するものは商業でもなかなか見ない。
鬱だけではなく燃え展開もあるよ、34話はいいよね。


シュミレーションパートは前半は楽しいけれど中盤以降はターン数の長さに疲れる。
ゲームオーバーになっても再考してリトライすれば勝てる絶妙な難易度だと感じたけれど、やっぱり長さがキツい。
途中からは複数回の増援があるのでなおさら。
数十人のキャラクターそれぞれに固有技があり、一長一短という感じなので使い分けが肝心。

周辺機能は足りないものが多すぎる。
敵AIの速度はカットできないし、バックログは無い。
決定キーの確認がなく、なまじ誤クリックしやすいUIなだけに取り返しのつかないボタンを押してしまうことも。
セーブはこまめに。
長編ゲームということでセーブデータがたくさんあるのは嬉しいけど、ロード時に差別化されてないので少々不便。


まとめ

正直なところ不快なキャラもいたけれど、クリアしたあとは「おもしろかったー!」という達成感が。
死亡するキャラが何人かいて、精神的にくる鬱な展開もあるけれど、ストーリーの終着点はさわやかにまとまった。

シナリオがメインの作品なので、最近流行のフリゲのメディアミックスに向いているしやらないのかな、と思ったけれどそういったメディアミックスは小中高生の若い女の子向けが多いし、今作はその人たちにウケるか?と聞かれると微妙なところ。
微グロはウケそうだけど、グロっていうよりメンタルゴリゴリ削られる展開が多いし、お色気衣装や絵柄は女の子よりは男の子受けしそうだしね。

広告を非表示にする