どどめ色の闇鍋

色々な備忘録。平成仮面ライダーとゲームが多い。すべて個人の感想です。

【ADV】現実と鏡の世界とサイコ、フリーゲーム「SPIEGEL EI(しゅぴーげるあい)」の感想・レビュー

f:id:kame0game:20160314213348j:plain

DLサイト様

公式サイト様


配布時期・2015/10/22。
ジャンル・サイコアドベンチャー
制作ツール・「WOLF RPGエディター」。
プレイ時間・(エンディング5種・ver「1.02」)1周目は約2時間でクリア。


1.

「冠を持つ神の手」の小麦畑さんが紹介していたので気になってた作品。

開始数秒でこのゲームは面白そうだぞ、と期待できる切り口。
素朴な館とアーティスティックな鏡の館、この2つを探索していく探索アドベンチャー

2.

フリーのホラーADVは何作かやってきたけれど、今作のサイコホラーな雰囲気はなかなか稀有だと思う。
幻想的で美しくもあり、得体のしれない不気味さ。
BGMにときおり混じるノイズがプレイヤーの不安感を誘う。

2つの世界は影響し合ってるので、それを利用した謎解きがある。
ホラーADVに慣れている人なら引っかかりそうな部分が(扉の鍵とか)。
追いかけ要素があるけど、あくまでギミックなので苦手な人でも大丈夫だと思う。


3.

ひとつひとつが絵になるグラフィック、断片的に散らされる比喩、徐々に明かされるシナリオなど完成度の高い作品だった。
カッコーの卵はわかったけど、自分の知識だけでは読み取れなかったグラも多いと思うから解説が欲しくなる。

選択肢で『Ⅹ(キャンセル)ボタン』を押すことが分岐に影響するシステムはおもしろい。
それを踏まえた核の演出については、本作で初めて触れる人にとっては新鮮だなと。
筆者には目新しさはなかったけど(シナリオがイイ!って評価されるゲームでよく見るから)、「Side A」エンドは鏡の世界のキャラクターに愛着があったので素直に良かったなーと思った。
あとはネタバレの感想。










テーマは「存在の肯定」?。
男の子(ティル)をピストルの事故で亡くし妻が病んでしまった夫婦のもとにアイが養女としてひきとられる。
しかし妻はアイの存在を認識しない。
夫も病んでしまいアイと無理心中をはかろうとするが、逆にアイに川に落とされる。あるいは事故か。

鏡の世界で記憶をさかのぼっていくからわかりにくいけど、こんな感じかな。

その後、(「お金がなかった」から来た、というフロイの言葉から)館=孤児院に引き取られたところからゲーム開始。
大好きだった義父を殺してしまった罪悪感から、精神が病んでいく。
鏡と現実を行き来するうちに境目がわからなくなり、現実の館でも幻聴や幻覚を見るように。
本館に行ってくる!って言ったのに部屋にいるフロイは幻覚だろうし。

鏡の世界はアイの幻想だと思う。
トルソたちも、部屋の白いドレスを見たあとに反映されたし。
ただ、プレイヤーやアイという観測者がいなくなっても、鏡の世界やエスたちは「そこ」にいる。
「Side A」エンドのあと、クリア後にタイトルから消えるエスがそれをものがたる。
コレが今回メタ要素を絡めたことで、いちばん大きい成果だったように感じる。

きれいにまとまっているけど、唯一テューマが謎だった。
途中まで普通に女の子だと思ってたけど女装だったのが驚いた。
その恰好は「ぎしき」、鏡の中の世界のほうが流暢に言葉を話す。
言葉足らずなだけで現実のほうも意識は正気。
「Side A」エンドのラスト絵を見る限り、鏡のほうの世界の子なのかな。
いろいろ想像ふくらむ。