どどめ色の闇鍋

色々な備忘録。平成仮面ライダーとゲームが多い。すべて個人の感想です。

【ADV】フリーゲーム「narcissu -SIDE 2nd-」の感想・レビュー

f:id:kame0game:20160131231543j:plain

DLサイト様

公式サイト様


配布時期2007年5月15日
ジャンルノベルゲー、ADV
プレイ時間約1時間半でクリア


祈 る こ と を 諦 め た 一 人 と の 出 会 い
公式サイト様より引用。)

kame0game.hatenablog.com
上記の続編…と思いきや、舞台は6年前
ヒロイン・セツミが15歳だったころの話。
一作目と同じく「死生観」「去るものと残される者」がテーマ。

単体の評価はとても高いのだけれど、ひとつだけワガママを言わせてほしい。
1→2を読んだ身からすると、1の足りないからこそ想像でおぎなえた余韻を、
2はパズルのピースのようにピタリとあてはめてしまって、そこが残念という気持ち。
ナルキッソス、車の知識、5万円。
それらのルーツが明かされるたびに、靄が晴れると同時に少し寂しくなる。


今回は男性キャラの出番は無く、女性キャラだけのシナリオとなっている。
メインキャラはもちろん、サブキャラにまでフルボイス
しかもプロの声優さん、スゴい。能登さん好き。


センチメンタルな文章、静謐な作品
せつせつと語りかけ、読んだあとに考えさせられる。
テーマとメッセージを強くするために、末期患者の容体とか山登りの過酷さとかの矛盾はそぎ落とされている。

あとは個人的なネタバレ感想









もしも自分がもうすぐ死ぬよ、とか予告されてそのときに残されたものに笑ってほしいって
それこそカトリックじゃないけど他人への無償の愛をつきとおせるか?って思うと疑問がある、
もっと生きたいってエゴがわきでてくるんじゃないか、と。
ナルキッソス水仙花言葉は「自己愛」。
だけど、この作品で死に向かっていく者はみんな他人を思って、消えていく。


希望や望みを持たなければ傷つくこともないけれど、何かを得ることもできない。
姫花は諦めたフリをして、残されたものへの悲しみを最小限にしようとする。

「去るものと、残されるものは…決して交わることはないのよ」
姫花は去るもの。でも、残す者への願いを神にしたんだよなあ。


クリスチャンとネロとアリア。
残す者には笑ってあげて、そのルールは新たに追加され、そして受け継がれていく。
身体や滅してもなお、何かが残るのは…。

広告を非表示にする