どどめ色の闇鍋

色々な備忘録。平成仮面ライダーとゲームが多い。すべて個人の感想です。

【PZL】犯人はスライム?、フリーゲーム「勇者御一行様殺人事件」の感想・レビュー

f:id:kame0game:20160107180034j:plain

DLサイト様

公式サイト様



配布時期・ver1.23。2006年4月22日。
ジャンル・パズルADV。
制作ツール・「RPGツクール2000」。
プレイ時間約30分でクリア。(20分くらい自力、積んだところは攻略見た)


スライムが主人公のパズルゲーム
勇者御一行を全滅させるために、ピタゴラスイッチのような手法で地味に攻撃していく。
さまざまな効果を持つアイテムを設置して、勇者たちに踏ませてダメージをあたえていこう。

最初のおじさんといい、初見殺しがとにかく多い
カタテマゲーの伝統、死んで覚えるゲーム。
ワケのわからないままゲームオーバーをむかえる回数が多い多い。
幸いにも本作は短編で、ろくにセーブをしなくてゲームオーバーになっても支障は無い。
タイトル画面に戻るコマンドが無いので、むしろ後半はリトライのためにわざと死んでた。


フラグを立てるための手法が、自力だけだとなかなか難しい。
筆者は、あきらめて攻略を見てしまった。
公式サイトにヒントがあるけど、それを見ても、頭をやわらかくしないと。

で、本作の一番の見どころは?と問われたら、やはりラストの日記
パズルだけでも面白かったけど、この日記のおかけでカタテマゲーの真髄を味わった。

広告を非表示にする