読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どどめ色の闇鍋

色々な備忘録。平成仮面ライダーとゲームが多い。すべて個人の感想です。

【ADV】声に出して読みたい恋愛風ノベル、フリーゲーム「象牙の乙女」の感想・レビュー

f:id:kame0game:20151216224350j:plain

DLサイト様



公開日2015年11月28日
ジャンル恋愛風ノベル
制作ツール「Lapree」
プレイ時間約1時間でクリア。

劇作家の貧乏青年・フレッドのもとに、美しい自律機械(オートマタ)・ガラティアが転がり込んでくるファンタジー。
ラノベでありそうな出だしだけど、本編はシックな雰囲気です。


屈折した青年と機械仕掛けの美少女が交流をしていくうちに…、というこの手の恋愛ものでは王道の展開。
だけど、ちょっと違う点がひとつ。
無感動な機械が感情を得るまでの過程を書くかと思っていたら、
フレッドのもとに来たガラティアには、すでにがあるということ。

恋愛風ノベルというジャンルなので、交流で芽生え、育まれる愛情にスポットがあたるわけではない。
機械だけれど、誰かに選ばれて愛されたい。代わりがいない存在になりたい。
そんな彼女の想いと、フレッドの劇作家という設定が絡められたラストがグッド。


ゴールはひとつだけなので、しっとりと読める。
ボイスが欲しくなるノベルゲーだった。

広告を非表示にする