読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どどめ色の闇鍋

色々な備忘録。平成仮面ライダーとゲームが多い。すべて個人の感想です。

【ADV】覚めない夢は無い、フリーゲーム「東京アリス」の感想・レビュー

f:id:kame0game:20151216111405j:plain

公式サイト様


公開日2008年07月31日
制作ツール吉里吉里
プレイ時間約2時間。隠しシナリオを出すなら、3時間ぐらい


ねぇアリス。
貴方は後悔したことはない?

ねぇアリス。
貴方は懐かしんだことはない?

ねぇアリス。
貴方はもう一度あの国に行きたいと、願ったことはない?

ねぇ、アリス。

(上記の公式サイトから引用。)


少年・欧太は黒ウサギのクロに案内され、幼馴染・ありすの不思議な世界をさまようことになる。
序章+5章+隠しシナリオの物語。
バッドエンドは(たぶん)9つ。グッドエンドと呼べる正しいラストは1つだけ。


雰囲気はピカイチ
タイトルから、現実的な「東京」と童話不思議の国のアリスの異質な組み合わせを期待していたら、ちょっと違ったけれど。
原作アリスのヤマオチが無いナンセンスな会話劇が好きな人には、たまらなそう。
序盤はツッコミ欧太とボケしかいない不思議の国を舞台に、コミカルに話が進む。
後半は一転、少年と少女にとって残酷な真実が待っている。
ゲームシステムを利用した、「覚めない夢は無い」がテーマの切ない物語です。


システムは必要なものは、大体揃っているけど、バックログは背景が透過されるから、文字が非常に読みにくいときが多い。
CONFIGの文字も、明度が高い文字と背景だから、同じように読みにくい。

それと分岐が多いから、クイックセーブは欲しかった。
たまにセーブしようとメニュー出すと、フリーズすることがあるのでなおさら。

そして一番苦労したのはオマケの神経衰弱…。
コレをクリアしないと隠しシナリオが見れない。
時間を10倍にするパッチがあるけど、なぜか効かないから自力でやることに。
神経衰弱なんて数年ぶりにやったよ…。文字通り、神経がすり減った。
 

そういった細かいところで不便な所はあったけれど、良いノベルゲーだったと思う。
ただし、ラストは蛇足だったかも。
隠しを見たあとだと、夢見がちな一人の少女の成長物語の軸はブレてないから良いのだけれど。
個人的に、序盤の演出見れただけで、このゲームをプレイした価値はあった。

広告を非表示にする