どどめ色の闇鍋

色々な備忘録。平成仮面ライダーとゲームが多い。すべて個人の感想です。

仮面ライダーゴースト第6話の感想

第6話、「運命!再起のメロディ!」
今回は毛利さん脚本。

感想は続きから。

 

 

 

あらすじ

残り12個、残された日は45日。


仙人が次の出会いは運命的だと言う。
つまりベートベンだと察するタケル。
メンタルが弱って、姿を実体化できないタケル。

 

陽子という女子学生から依頼が。
音大に向かうタケルたち。音が消える現象が発生。
陽子の兄は、天才ピアニストである康介。
最近スランプである彼の周辺では、音が消える不可思議な現象が発生している。
康介との出会いをベートベンとの運命の出会いに重ねるタケル。

 

兄を心配する妹を構わず、演奏に没頭する康介。
それを怒るアカリ。
音符眼魔との無音での戦闘。
スペクターが登場し、逃げるタケル。
スペクターからなんとかタケルの眼魂を守ったアカリ。

 

「お兄ちゃん」と少女の声を発する眼魂と話すマコト(スペクター)。
マコトとアカリは顔見知りっぽい。

 

ベートベンのようになりたい康介。
名作は作者が死んで完成する。
陽子いわく、康介は丸眼鏡の男にベートベンの楽譜を譲渡され、それから演奏に狂信的になったらしい。
一方、アカリは涙を流しながら、タケルをはげましていた。

 

寺に来た宅配便の人から、康介が屋上にいることを知らされる。急いで向かう。
康介を説得するアカリの言葉で、自分を取り戻すタケル。
タケルのハグで正気に返る康介。
ベートベン魂に変身し、ムサシで音符魂魔を撃破。

 

その様子を見ていたマコト、「今回だけは花を持たせてやる」。
そして仙人は「次の準備にかかるか。」という謎の言葉をつぶやく。

 

 感想

なんか今回のタイトル、キバっぽいね。そりゃ音楽関連だしね。
ピアノ担当がゴーストライターなのはゴースト繋がり?シャレかよ。

ゴーストって変身直後なら銃弾から守るのかよ。剣の畳アタックを思い出す。
あと、眼魔のデザインが、なんか戦隊っぽいというか。
戦隊を悪く言うつもりじゃないけど、カッコよくはないな。
良く言えば、キャッチーでわかりやすいんだけどね。

 

毎回冒頭のタケルのあらすじがだんだんうまくなってる。
まだちょっとたどたどしいけど、555の結花みたいにそこが魅力に繋がったり?
5話で言われた通り、自分だけでなく他人の命も大事なのは甘さや弱さを連想させてしまう。

だけど、それを最後まで突き通したらどうなるのだろう。
いずれ選ぶ時がくる、ってのは確実に終盤の展開に繋がってきそう。
タケルは紙メンタルじゃなくて、憧れの英雄に近づこうともがく等身大の青年だよなーって感じ。
青年っつか少年か。

そうそう、今回アカリがヒロインだった。
口やかましい賑やかし役じゃなくて、ちゃんとタケルを心配して、理解者でもあるってのがいいね。

そして今回の目玉、2号ライダーのスペクターが登場。
のちのち主人公にデレそうなツンツンライダーだった。

アカリと顔見知り?大学生なのかな。
次回予告を見ると、妹をなんかの儀式で失って、タケルのように眼魂を集めて生き返らそうとしてる?
この仮説が合っているとしたら、タケルか妹のどっちかが死ぬことになっちゃいそう。

それも、いつか必ずくるタケルの選択に繋がるか。


シスコンライダーは久しぶりだ。
公式サイト見たら、「妹眼魂」…ってそのまんまかよ。
中の人は声優じゃないんだね。
コレは良い判断だと思う。有名声優さんを使うと演技は上手いんだけど、なまじ有名な名前や演技なだけに、その「キャラ」じゃなくて、その「声優さんがやっているキャラ」っていう印象が強くなるから。

 

今回は色々話が動いた。
ゴーストおもしろいです、丸眼鏡たちの正体もまだわかんないし。
仙人も、単純にタケルに手助けしたわけじゃなさそうだし。

 

 

 

kame0game.hatenablog.com

 

広告を非表示にする