読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どどめ色の闇鍋

色々な備忘録。平成仮面ライダーとゲームが多い。すべて個人の感想です。

【ADV】オサレハイクオリティ友人作り、フリーゲーム『1bit heart』の感想・レビュー。

フリーゲーム フリゲ-ADV

f:id:kame0game:20151030204110j:plain

公式サイト様
ジャンル・人と心を繋げる友達作りADV。

 

約6時間でクリア。

フレンドリスト28人でハッピーエンド。6人でノーマルエンド。バッドエンドは確認してないけど、よほど友達作りサボってなきゃならないと思う。

さらに1時間半追加で47人登録したけど、なぜかミカド解放されない。なんでだ。

 

 

 

舞台は、プログラムで管理されている世界。
自虐的なポジティブ少年・ナナシが、心を読める特技を生かしながら、友人を増やしつつ町の怪事件を解決するゲーム。

 

下手な有料ゲームより、よっぽどクオリティが高い
コレが無料でできるなんてスゴい時代だ。金を払えるレベルだと思う。
フリーのADVでは上位に入る完成度だと思う。


ハイクオリティなUIデザイングラフィック
キャラクターのドット絵も、ナナシとミサネで腕のふり幅が違ったり、デティールが凝っている。
街並みも、ジャンルごとにガラっと雰囲気が変わっていて、眼で楽しませてくれる。

 

クラブミュージック調のBGM
音楽はどこまでがフリーなのかわからないけど、ボーカルありの主題歌もある。
一部とはいえボイスに加えて、オープニングがついてるのは驚いた。

 

強いデフォルメにポップな色使いな今時のグラだったので、最初流行りのオサレゲーだと思ってた。
誤解をまねきそうな言い方だけど、こういう絵柄も好きです。ウエダハジメ好きです。鬼物語やっと公開決定したので見に行きます。

良いキャラゲーでした。食わず嫌いはダメだね。

 

 

個性豊かな老若男女のキャラクターの好感度を上げて、フレンドリストに登録する自由行動パート
謎のハッカー集団による町の事件を解決する探索パート

この二つを交互にシナリオが進んでゆく。
シナリオは1話30~50分ぐらい。
探索パートでは、相手の会話をゆさぶって矛盾点を指摘して…コレ逆転裁判だ。

 

好感度をあげるといっても、「友人」になるまでのイベントをこなす感じ。
恋愛ADVみたいなやつではない。
このイベントも、短いながら考えさせられるものもあれば、ギャグ調なものまで。

 

好感度を上昇させるアイテムを買う通貨は、落ちもの系のミニゲームで入手する。
テトリスは全然わかんないけど、ぷよぷよ系は昔やりこんだのであっという間にたまった。
苦手な人のために救済が存在しているので安心設計。

それと細かい部分だけど、入手したアイテムをソートできたら良かったな。

 

フレンドリストに登録できるキャラクターは50人近い
10代~20代のキャラが中心。こんだけ人数いるなら、一人は好きなキャラが出来ると思う。

個人的にはソラとアイラが好き。ナツカゲのイベントは最後まで見ると、良かったな~と感じた。
仲良くなったキャラクターは、特にメインシナリオに関係しないのは、ちょっと残念。

 

ちょっと思ったけど、『すばらしきこのせかい』をオマージュしてるのかな。
ノミヤがゼタ神に酷似してるんだよね。
この作品のテーマも、それを意識してるのかな?と思ったし。
的外れだったら、ごめんね。

 

あとはネタバレの感想。

 

 


ナナシをプレイヤーとして操作するわけだけど、彼は感情移入しにくいキャラ。

メタ的視点では、プレイヤーキャラクターとして非常に扱いやすいんだけどね。
生来の能力の影響で、自虐的で、自分よりも他者を第一に優先する。
それは、人間として致命的な欠陥。そのせいで彼の周囲から人がいなくなっていた。
友情イベントも一部を除けば、インスタント友人というか、深い関係になったキャラは少なさそう。
深く考えずになるのが友達なんだろうけど、割と無理やり友達になったキャラもいますし。
だからこそ、ナツカゲのイベントは最後まで見ると、本当の意味で友人になったのかなーと、なんか感慨深くなった。

 

ちなみに、アクタ・モロク・キライ・サアヤ・イズチ辺りは、ナナシの能力無いと登録ムズそう。
キライがゴミくれて、イズチから貝もらったけど、両者同じようなものをくれたように見えて、実は後者のほうが自分が好きなものを人にあげてるぶん、まだ友達になった感があるぞ。兄弟でだいぶ違う…。

広告を非表示にする