読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どどめ色の闇鍋

色々な備忘録。平成仮面ライダーとゲームが多い。すべて個人の感想です。

【「特別編」兼「最終回」】仮面ライダードライブ第48話の感想と総評つけたし

仮面ライダードライブ 特撮


第48話、『ゴーストの事件』
脚本は毛利さん。

ゴースト始まってしまった。だいぶ遅くなったけど、ドライブの最後の感想です。


あらすじ

ロイミュードとの戦いが終わった。
しかし、泊と早瀬が1話で追っていた犯罪集団「ネオシェード」に動きがあった。

1カ月前。
泊・剛・チェイスで「ネオシェード」を追い詰めた。
しかし、謎の見えない敵(字幕だと「眼魔(がんま)」)によって、リーダーを取り逃がす。

「ネオシェード」のリーダーが拾い、「眼魂(あいこん)」と呼ばれていたアイテムを保管していた所、盗まれたのだ。
組織自体は壊滅しているものの、リーダーのみ逃走。
泊の特状課での最後の仕事。


りんなや究ちゃんの助けで、「ネオシェード」の残党・岡村の居場所が判明。
岡村を追い詰め、盗まれた「眼魂」を確認しようとすると、謎の敵が襲撃。
ピンチになるが、仮面ライダーゴーストが泊を助けてくれる。
テルテル坊主みたいな謎のキャラクター「ユルセン」をつれたゴースト。
ユルセンは、はよ眼魂返せやと言うが、人当りの良いゴーストにアイコンを貸し出してもらった泊。

夜の工場。
霧子を人質に取る岡村。
「ネオシェード」のリーダーは岡村だった。
ロイミュードに変わるパワーとして、「眼魂」に付きまとう怪物を狙っていた。

「ロイミュードがいなくなっても、世界は平和にはならない。
本当に悪いのは人間の悪意だった。だからこいつみたいにヒドい人間は絶対にいなくならない。
でも、俺は絶望しない。そう決めた。

俺は走る!走り続ける…!皆の幸せを守るために。だから俺は…!」


「眼魂」のパワーで奇跡(ベルトさんがいなくても変身?)が出来たかもしれないが、「眼魂」を投げる泊。
ベルトさんがいなくても、刑事で仮面ライダーなのだ。
拳銃を取り出す。
バディとして泊を信じる霧子。
無事、岡村の拳銃だけを狙い、逮捕に成功。


ベルトさんは本願寺に伝言を残していた。
捜査一課に転属することになった泊。

「もし転属が決まってしまったら、彼に伝えてくれ。
例え止まってしまうことがあっても、君なら何度でも走り出せる。
ここが君の本当のスタートライン。さあ、走り出すんだ。進ノ介。

スタートユアエンジン!」


おわり。

感想

前回のシグマ戦が結構アッサリだったので、「ネオシェード」を追い詰める泊たちの生身アクションの方が見応えがあった。
ゲンさんが最終回でやっと先輩ぽく見えた…。

ベルトさんの力に頼らずに、自分の力でケリをつけるってエンドは良い落としどころだったと思います。
オマケみたいな話だと思ってたら、泊の新たな一歩とエピローグが絡んで、かなり重要な話。


映画でも触れてたけど、泊と霧子の結婚って確定なんですね。
霧子と言えば、この回でも囚われのお姫様で、完全に守られ系ヒロインで終わってしまった…。
序盤の霧子が好きだっただけに、この点に関してはホント残念。



総評で触れた、1話の事件に繋がった今回。
もともと「ネオシェード」を追っていたから、早瀬の事件に繋がっちゃったんですね。
コレに関しては、ロイミュードはあんま関係なかったのか。

早瀬を忘れてるんじゃないか?っていう描写が多かったので、泊が仮面ライダーになるきっかけのこの件に触れてくれて安心しました。
それだけに、早瀬を最終回で登場させてもよかったんじゃないか、と思ったけれど、
退職してしまった早瀬が、捜査一課に転属することになった親友に会うと、複雑になりそうだから、そこは無くてもいいか。


  • 47話「本当の悪意は人間の中にしかない!最悪の存在は…蛮野博士だった。ロイミュードは人間の悪意をなぞっただけだ。犠牲者みたいなもんだ。」

  • 48話「ロイミュードがいなくなっても、世界は平和にはならない。本当に悪いのは人間の悪意だった。だからこいつみたいにヒドい人間は絶対にいなくならない。でも、俺は絶望しない。そう決めた。」

この2つなんですが、結構意味が違う。
両方、泊の言葉だけれど、前者は「犠牲者」って言っちゃってるんですよね。
それこそ、霧子がチェイスを助けた理由の「同情」と同義語で、それがロイミュードに関する締めになっちゃのも何だかなあってなる。

後者は、うまいこと逃げたな~~~~~。
前者で泊が「人間をコピーしたロイミュードだからこそ根本は人間が悪い」と、「人間」「ロイミュード」を混ぜて考えたのに対して、
後者は「それはそれ、これはこれ」とロイミュードに対してはまた別の問題っていうニュアンスに聞こえるんですよね。
言葉遊びだけどね。
『ロイミュードが「悪」かどうか』というテーマは、ぶっちゃけ泊パパ編の長い尺を割いて、踏み込んでほしかった。
泊のキャラがブレてみえたのも、このテーマに対する泊の思考の過程が少なかったのが、原因のひとつだと感じる。

まとめ

タイトルの「ドライブ」成分はドンドン薄れていったとはいえ、「刑事」と「喋るベルト」については最後まで追求して良かった。
当初、期待していた『アンドロイドと人間の関係性』は、チェイスと剛のラスト以外はいまひとつ消化不良な点も多いですが、
ラストクールで描かれた『アンドロイドという存在』については、色々と考えられるものがあった。

ドライブは、シチュエーションのパワーは合っても、それに至るまでの過程が省略されているところがある。
光る部分があるものの、振り返ってみると「うーん」と感じるのは、私があまりドライブのノリに乗れなかったのが原因でしょう。
あんまり深く考えずに、ワーっ3ライダー変身だー!と盛り上がれたら、とても面白い作品だったと思う。

なにはともあれ演者さん、スタッフさん、脚本家さんなどなど一年間おつかれさまでした。


あと、チェイサーの番外編つくるんですね。
マッハの小説も出るみたいだし、本編が終わっても、もう少し続くのか。

チェイスが主人公となると、パラレル扱いにならない限り、本編の時間軸のどこかの話なのかな。
プロトドライブとクリスとの関係に、触れてもらったら個人的にうれしい。

マッハは本編で不憫すぎたので…。
せめて小説では、初登場のときのように派手で陽気な彼が見られるといいな。

広告を非表示にする