読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どどめ色の闇鍋

色々な備忘録。平成仮面ライダーとゲームが多い。すべて個人の感想です。

【2015年】仮面ライダードライブの総評


ドライブの本編が終了した。
1話残ってるけど、これは特別編っぽいので実質本編は終了ってことで総評書いちゃう。


色々惜しかった。

個人的に三条さんの作品の魅力は、
「少年漫画ぽいケレン味の利いた展開」「アニメっぽい濃いキャラクターたち」
だと感じている。

評価の高いダブルは、その要素がパズルみたいにピッタリとはまった。
だけど、今回の「警察・刑事・車」っていう、いかにも現実的な象徴とは相性が悪かったんじゃないかな。

照井竜も刑事で仮面ライダーだったけど、そもそもダブルは「ハーフボイルドな青年と魔少年の二人でひとつの探偵」
言っちゃえば「こんなのねーよ!」っていうフィクションの塊が魅力の一つになっている作品だから、赤い派手ジャケットのデカも違和感がなかった。


このドライブは、かなりノリに助けられている作品。
作品のノリに乗れたら面白いってのは、全作品に共通してるけど、ドライブはそれが特に大きい。

主題歌『Suprise Drive』と青空をバックにドライブしてフィードアウトするラストは、一見爽やかだけど、よくよく考えれば考えるほどモヤモヤが残る。
行間を空想で埋める余地があるのはいいけど、その行間に悪意が隠れている可能性が高いってのは否定しきれないから、モヤモヤするのだと思う。

例に挙げると、

  • ロイミュード幹部たちの悪行が、蛮野の畜生行為で薄れて、なあなあで終わった所。

  • クリムとチェイスの意思の疎通。

    シナリオ構成の悪さ

    1クールは、剛参入あたりまで。

    これは、そこまで悪くなかった。
    ロイミュードたちの目的、チェイスの謎、2号ライダー参入といった、今後の布石がバラまかれ、
    霧子の無表情の秘密やベルトさんの過去といった謎がポンポンと解消。
    泊・霧子・ベルトさんの三人体制のバディも、バランスが良かったと思う。

    2クール。ここから怪しくなっていた

    特状課メンバー関連のロイミュード事件を挟みながら、

  • なぜ剛はロイミュードに対して強い敵対心を持つのか?という疑問。
  • 『072』という共存できるロイミュードが存在している可能性の提示。
  • 人間を守るというプログラムと、ロイミュードの自分との間で苦悩するチェイス。

    といった描写以外は、どうにも無味乾燥というか退屈な話が多かったように思える。
    特状課メンバーの掘り下げには役立ったものの、本筋には絡まない話ばかりだからなあ…。

    ここで姉弟の絆をやってしまったのはイタかった。
    この直後に、霧子がチェイスばかり気にして、剛をほっといているように見えてしまったから、絆とは何だったのかとなってしまう。


    3クール。問題の泊パパ編。

    仁良というヘイトが溜まりまくるクセに、ラストも清々しくない逮捕で終わる。
    しかも、この話のときは泊は父親の事件の事で頭がいっぱい。霧子はチェイスの事で頭がいっぱいと。
    わざと敵側についたりして、苦悩する剛をフォローできなかったのは痛い。
    この辺りから使い捨ての設定が多くなってくる。


    4クール。ロイミュード幹部たちにスポットが当たる。

    マジガチクズな巨悪の蛮野の本性が明かされる。
    ロイミュード側の悲哀が描かれたのは良かったものの、この辺りになったら進ノ介が妙な同情で足を引っ張り始め、実質剛が主人公みたいなもんに。
    仮面ライダー純とかいう使い捨てティッシュみたいな、あったら貰うけど別にカットしても問題ないシーンは、なんだったんですか?


    泊のキャラの薄さ

    最初の方は、ドライに見えるが実は正義感に燃えるちょっぴりキザなアツい男。
    コレがだんだんブレてきた上に、「ヒロインの弟でロイミュードに穏やかではない因縁を持つ2号ライダー」や、「人間を助けるためのアンドロイドだったはずが敵の手によって闇堕ちし、再び味方側についた3号ライダー」といった重要設定のオンパレードなキャラが次々に投入されたために、必然的に薄くなった。

    それを解消するために、泊パパ編があったのだろうと考えたが、いかんせん長すぎる。
    仁良の件はコンパクトにまとめたほうが良く、しかもこの件が長すぎた影響で、他に割くべきだった描写が薄くなったように思える。
    泊パパ編が解決したことによって、泊がロイミュード事件に関わる必要性は言ってしまえば正義感ぐらいしか無くなったのは、悪手だったのではないか。

    正義感や父親の事件以外で泊が戦う理由としては、
    1話「俺の時間はなぜ止まったのか」で後遺症を負うほどの重症を負い、刑事を辞めた親友・早瀬のためだろう。
    しかし後半で、泊は早瀬の事を忘れているような行動を繰り返す。

グローバルフリーズが発生した影響で、早瀬は重症を負った。
→グローバルフリーズは、ハート・ブレン・フリーズが首謀。
→ハートは蛮野が逆恨みした青年の姿を模倣され、酷い拷問を受けた。


これを見ると、確かに諸悪の根源は蛮野。
「本当の悪意は人間の中にしかない!最悪の存在は…蛮野博士だった。ロイミュードは人間の悪意をなぞっただけだ。犠牲者みたいなもんだ。」
という泊の言葉もわかるっちゃあわかるが、それでもハートの「クリム殺害」と「グローバルフリーズ」という罪は帳消しされるわけではない。
その狭間で苦難する泊が描かれて、最後にたどり着いた答えがそれだったら共感はしなくても理解はしたが、別にそんな過程は無かった。


泊のポリシーがフラフラだった。

警察として市民を守る!早瀬は大切な親友!なのに、
後半になってからメディックを庇い始めるわ、間接的な早瀬の仇であるハートに共感し始めるわ。

ハートとのラストバトルも、ハートの自滅で終わってしまい、イマイチ印象が薄い。
明らかに晴れているのに大雨っていう、いかにも雨を降らせている演出には萎えたけど、
よく考えたらロイミュードであるハートが涙を流しているのか、それとも雨によるものかを、うやむやにするための演出だったんですかね?。
そうだとしたら、意外と考えられている!と納得するんですが、それでも明らかに晴れてるよなあ…。


霧子

序盤から立てていたチェイスとのフラグをスルーして、なぜ泊に惹かれたのが謎すぎる。
同情という言葉に逃げず、ロイミュードのチェイスとの恋愛をしっかり書いてくれたほうが、唐突なラブコメよりは深みはあったよ。
思えば、後半で泊に割くイベントが少ないから挟まれた恋愛イベントなのかな。
戦える靴もあったはずなのに、なぜ後半では守られ系お飾りヒロインになってしまったのか…。
前半は良かったんですけどね。

 剛

実質、後半の主人公といっても過言ではない。そもそもロイミュードと生みの親が同じという、ある意味で「家族」な時点で、そりゃ泊より話が動きやすそうだよなあ…と。

本編を通すと、剛が一番不憫。
剛という名前の由来は、おそらく「GO」からだと推測されるが、むしろ「業」を背負いすぎているからだと邪推してしまう。
それくらい、父親の呪縛から解き放たれた代わりに剛には失うものが多すぎた。
ハーレー博士という姉とは違ったもう一人の家族、というフォローは良かった。そうじゃなければ、やりきれない。

あと、ゴルドドライブVSチェイサーマッハのアクションが良かった(チェイサーマッハやっつけぽかったけど)。
ベルトのギミックも面白かったですし。


それと、
の感想で、剛とチェイスの関係が「友情」の一言で片付けられた事に納得いってなかったんですけれど、
その理由がわかったので書いておきます。


剛とチェイスの関係の考察

視聴者側の神の視点では、二人の小競り合いは微笑ましいものに見える。
なので、「なんだかんだでお前ら最初の方からダチだったんだよ!」という感想を視聴者は得る。


視聴者側ではなく、剛視点ではどんなだったか予想してみる。

ロイミュード開発者・蛮野天十郎の息子、アメリカ帰りの19才。
両親とは死別、唯一の家族は姉だけ。
父親が犯した行為の贖罪のため、ロイミュードへの強い敵対心を持つ。
大切な姉には父親の罪を秘匿し、全てのロイミュードをいち早く撲滅しようと仮面ライダーとして戦っている。

こんな感じですね。

  • 21話「やっぱり人殺しの機械だ」

  • 22話「109体目、一刻も早くすべてのロイミュードを倒したい(要約)」
    って呟いているし。
    で、チェイスが人間の事を思って行動していたのは理解していたと思う。
    その感情が、自発的なものかプログラムに従ったものなのかは定かではないけれど。

    嫌悪しているロイミュードが、自分のものであるはずのマッハを改造したベルトで変身して、唯一の家族である姉が所属している特状課に出入りしている上に、泊たちはソイツに好意的。
    なので、孤独感というか自分の居場所を盗られた感がある?。

    逆に、好意的な人には献身的な剛だからこそ、チェイスに見せられるスキがあって、それによって皮肉にも心の余裕ができたとこもあるだろうし、そういう嫉妬や信頼が入り交じって、最後に矜持が覆い隠した負の感情が、自分を庇って消滅したときにそれが取り払われてダチという言葉に収束したってかんじ?

    こんな感じで納得しました。

    チェイスの良心はプログラムなのか自発的なものなのか。

    これはっきりしてほしい。

    22話でチェイスは「今まで一度も人を殺したことは無い。」と語っている。
    つまり、ある意味で人間で言う「殺人」と同じ行為を行ってきた同属殺し(コア壊してないけど)の「死神」チェイスが、人間に対しては一度も罪を犯していない。
    底意地の悪い観方をすれば、「人間を守れ」という基幹プログラムが組み込まれているので、最後までそれにあらがえなかったとも受け取れる。

    そんな自分の意思が希薄だったチェイスが、3号ライダーになってどう変化していくのかと思ったら、特に変化は無かったように思える。
    いや、確かに泊に家族の事を聞いたり、霧子に恋?したり、人間味が出たんだけどね。

    チェイスが霧子に恋愛感情を抱いたのは、振り返ってみると特に違和感は無い。
    もともと洗脳されていた「死神」時代も、霧子のことは気になっていたようだし。

    だからこそ、その「恋愛」がアッサリ泊と霧子の恋愛イベントを進めるための当て馬みたいになったのは、 もったいなさすぎる。
    あえて失恋を経験したから、成長したって意見もあるようだけれど、そこで物わかりが良すぎるからこそ、なんだか都合の良い存在だった…と感じてしまった。
    チェイスの人間への優しさが果たしてプログラムによるものなのか、それとも泊たちと触れ合うことで芽生えた感情なのか。それがわかりにくかった。


    ロイミュードの描写は良かった。

    執着していたアイデンティティが借り物に過ぎなかったブレン、
    どこまでも犬の忠義に従って行動していたメディック
    アンドロイドという人外の滑稽さと哀愁を描いたのはよかった。

    そういえば幹部勢の中で、唯一コピー元が生き残っているのはメディックぐらいかな?
    推測だけど、蛮野の事だから自分の手を汚さずにコピー元の青年実業家を、ハートの手で殺害させるぐらいやらせたかもしれない。
    ブレンは、どうだろう…。グローバルフリーズの時に頭うってたけど、生きているのかな。
    生きていたらブレンにとって行動しづらいだろうし、行方不明ってことにして始末しているとかありそう。

    結局、念願の泊との決着をつけられなかったハート。
    それが彼への一種の「報い」かもしれないが、「108体しかいない友達」に追加された「1人目の友達」は、 蛮野からの非道な行為を受けてきた彼への救いにはなったのだろう。

    ハートは「蛮野の被害者であるかわいそうなロイミュード」として書きたかったのだろうか。
    そこがちょっと引っかかるけど、最初の「友達」発言が多いわりに仲間をボコスカやられていた「カリスマがあるが、実際は人間の友情を模倣しようとして、表面上だけの良識になっているアンドロイド」という印象が、最後でガラリと変わったのは良かった。

    ロイミュードやドライブの力が全て封印されるラスト。
    土は土に、灰は灰に、塵は塵に。元あるところへ戻る終着点は好き。

    まとめ

    色々書いたけど、表立った謎は大体解明されたし、何人か好きなキャラクターもいた。
    細かい所に目をつぶれば、ベルトさんとの別れで少しウルッと来たし、「1年見続けて良かったなー」と思えた清々しいラストだったので印象は良いです。
    泊役の竹内さんやメディック役の馬場さんの演技が、特にうまくなったのは視聴者側としても感慨深いです。

    主人公が主人公らしくない代わりに、『ロイミュード』という人外の描写は、深みがあったのも大きい。
    私が人外キャラが好きなので、それだけで半分ぐらいはカバーしてくれましたね。

    あと、ゲンパチとりんなのフラグは大丈夫か?と思ってたけど、公式紹介の「子煩悩」をずっと既婚者に使うものだと勘違いしていた。
    全然大丈夫だ。くっつかなかったけど。


仮面ライダードライブ 変身ベルト DXドライブドライバー & シフトブレス
by カエレバ
広告を非表示にする