どどめ色の闇鍋

色々な備忘録。平成仮面ライダーとゲームが多い。すべて個人の感想です。

【ADV】少女と小動物妖怪のボーイ(?)ミーツガール、フリーゲーム『オシチヤ』の感想・レビュー


f:id:kame0game:20150831120121j:plain

DLサイト様


RPGツクール2000」にて作成。
一人と一匹が化け物屋敷をうろついて脱出するゲーム。
即死あり。戦闘なし。
前作「マヨヒガ」とは特につながりなし。
(ただし先に「マヨヒガ」をプレイすることを推奨)
ED七種類。
プレイ時間二時間ぐらいを想定。
http://wheat.x0.to/game/oshi/ より引用。


ムズい。
前作が簡単だからナメてた。ボリュームも難易度もアップ。
「プレイ時間は2時間ぐらい」と上記にあるけど、よっぽど「フラグ管理が得意!」って人じゃなきゃ確実に倍かかる。

ひたすらおつかいなのは脱出ゲーではよくあるし、追いかけ要素が無いのはいいけど、フラグ管理がシビア。
そこに鏡の入れ替え要素も加わって、頭がパンクする。


攻略を見ても、わからなくなる。
特に時間をおいて、再プレイすると自分が今何していたか軽く忘れる。
一応セーブデータに進行度が記してあるが、数字のみなのであまり頼りにならない。
最終目的が『屋敷を脱出する』なんだけど、バカ正直に直行すると即バッドで次に何すりゃいいか分からなくなるのが、最初の難関ポイントですね。

あと、即死がホントに多い。
セーブデータはこまめに。
上書きしてると積む事になる確率大なので、別々推奨


前作同様、民俗学を下敷きにしたシナリオは素晴らしい。
カルピスの原液みたいな濃密さ。
7種類のEDを全て見るまでは「アホには理解できないゲームだ…」と絶望しかけたが、各EDロールに用語のヒントがあるので、それを見れば大体察する。

広告を非表示にする