読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どどめ色の闇鍋

色々な備忘録。平成仮面ライダーとゲームが多い。すべて個人の感想です。

【ADV】どんでん返し乙女ゲー?、フリーゲーム『わたしが世界を救った日』の感想・レビュー

f:id:kame0game:20150828214613j:plain

DLサイト様。 2012年7月19日に公開、フリーゲーム

ジャンルはノーマル恋愛アドベンチャー(女性向け)(DLページより引用)。

あらすじ…ある日、主人公の女性が、天使と悪魔の戦う世界の救世主として召喚される。

レビューは続きから。致命的なネタバレは無いと思う。


雰囲気がグッド

タイトル画面もシンプルで、黒を使わない主線のCGも、独特で良い。
文章も淡々としていてクール。

初回は1時間ぐらいでクリア。
2週目以降は、既読スキップが出来るから、ED回収は30分ぐらいで回収できる。それより短いか。

だからか恋愛のスピードが早く、 相手の方はともかくとして、主人公が相手を好きになるスピードが速かったな。

上記の通り、そこまで恋愛がメインじゃないのかなと思う。
恋愛よりも「異種間」の関係性のほうが重視されている。捕食関係とか。

真相を知ってからプレイすると、張ってある伏線の細かさに感心した。 深読みすると、レグ√のアレは大丈夫なのか?

主人公の年齢すらあやふやなファンタジックな部分と、 シリアスな真相とのバランスが取れていたゲーム。
それと、真相が『さよならを教えて』と似た感じかと覚悟していたら、 そこまで鬱では無かったので安心した。あんなのが、そうそうあったらメンタルはボロボロだ。

広告を非表示にする