どどめ色の闇鍋

色々な備忘録。平成仮面ライダーとゲームが多い。すべて個人の感想です。

仮面ライダードライブ第21話~第24話の感想

25話から新展開らしいので、24話で一回まとめます。

メモ書きっぽいあらすじと感想のまとめ。
「」の中のセリフは引用で、『』のセリフっぽいのは噛み砕いた情報です。



都内5ヵ所同時期殺害事件

第21話、『不揃いの死者たちはなにを語るのか』。

都内五か所で殺害事件が発生。手口はバラバラだが、殺害時刻は全て同時期。
ロイミュードが関係無いため、特状課の出番は無いと思われたが、事件の現場の写真の一つにチェイスの姿が。

「やっぱり人殺しの機械だ」と剛、『メディックの力によって人間を守るチェイスに戻る可能性は低い』とベルトさん。
泊は霧子と同じ気持ちだが、チェイスが人間を手にかけたらその時は戦うしかないと考えている。

港。幹部集会。
メディックは『072』を自分で破壊した事や、ロイミュードを盾にして逃げた事を伝えずに全てドライブのせいにする。
ハートにベタベタするメディックにイラつくブレン。

現場にいたチェイスに質問しようとした追田と刑事は、しつこく問うたために攻撃される。
それを助けるドライブたち。
仮面ライダードライブとマッハを、やっと目撃する追田。
『ロイミュードのためなら他の奴は犠牲にしてもかまわない』という答えを聞いた泊、霧子。
メディック怪人態で初戦闘。他2体のロイミュード参入。
マッハが『104』撃破。
その戦いを見ていたブレン。

特状課で集まる。
追田は白=マッハ、赤=ドライブ、つまりあと緑と黒がいると考える。
追田の言葉で、泊は過去の事件を振り返ることに気付く。

被害者の五人のうち、一人がボルトの事件の時のロイミュードの人間態にそっくり。
5人はロイミュードに擬態されたあと殺された遺体なのでは?。
それならなぜ死亡時刻が一致しているのか?。
究は『072』の事件を経て、ネットにあるロイミュードの足跡を発見することに成功。

洋風の一室。
ブレンとチェイス。チェイスに、なんか仕掛けるブレン。

死体遺棄事件は、ドライブの仲間の力を分断させるためのメディックの罠。
ドライブVSチェイスという手筈を整え、ドライブを始末させるため。
メディック・ハート」VS「デッドヒートマッハ」。
「チェイサー・メディックによって操られたシフトカー」VS「ドライブ」。
ドライブは、ドリフトカイテーンを使ったりして戦うが苦戦。
デッドヒートは剛が使っているためできない。

メディックの強化改造により、ドライブの動きを完全に止める超重加速を発生させるチェイサー。
その異様な紫色の光に気付いた剛は、デッドヒートをドライブにおくる。
『霧子を巻き込む攻撃をしていいのか?!』と問われ一瞬葛藤するが、なおも攻撃を続けようとするチェイサー。
トリプルチェーンが決まりそうになるが、ベルトさんが隠していた新シフトカーによって『タイプフォーミュラ』を装着する。
しかし、『タイプフォーミュラ』はデッドヒート以上に訓練無しでは危ないシロモノなのであった。

第22話、『F1ボデイでそうやって戦えばいいのか』。

『タイプフォーミュラ』は、風を操る戦士。
その力によって、チェイサーの攻撃から霧子とシフトカーを守った泊だったが、代償に負傷。
シフトカーの特殊なコーティング(メディックの洗脳)を除去しているりんな。
新兵器の開発に行き詰っていたりんなは、ハーレー博士の土産にヒントがあるのでは?と考えるが、中身は博士作成のハーレーパイだった。

特状課に、都内5ヵ所同時期殺害事件の被害者5人が襲撃。
死んだはずの彼らによって、霧子がさらわれる。
本願寺がつい投げた泊のミニカーによって、1人が灰に。
その事から、被害者たちはメディックによる偽物だと判明。

さらわれた霧子を追跡した剛はチェイスの元へたどり着く。
「人の命」という言葉に強く反応したチェイスは、突然人質作戦に従った事を悔やむ。
『今まで一度も人を殺したことは無い。』と語るチェイス。
「109体目、一刻も早くすべてのロイミュードを倒したい」とつぶやく剛。
『054』『034』を撃破したデッドヒートマッハ。
駆けつけた泊に、チェイスの『正午に決着をつける』という伝言をつたえる剛。

洋風の一室。
チェイスの洗脳が薄れていた事が、ブレンの仕業によるものだと気付いたメディック
ハートに免じて今回は許すが、ブレンがよくムキーやる時に持っていたハンカチを燃やす。

正午。メディックに再洗脳されたチェイサーは街を襲撃。
それでもチェイスを信じたい霧子。
本当に殺人を犯す前に始末することを決意する泊。
チェイスは強いのでフォーミュラを使うしかないが泊の体がヤバい。

そこに新たなシフトカーがかけつける。
りんなはパイの包装紙に記されていた数式から、大型トレーラーの新兵器を完成させたのだ。
それによって飛び道具のフォーミュラ砲が使えるように。
チェイサーを撃退。コアは砕く。
もしも味方だったら…と泊。チェイスのバイクは回収。

夜中の大雨の中。帰宅途中らしき霧子は、倒れているボロボロのチェイスを見つけるのであった。

連続予告爆破事件

23、24話の脚本は香村純子さん。ウィザードの脚本を多く担当していた方らしいですね。
ウィザードはまだ見てない。

第23話、『悪戯な笑みを止めるのはだれか』。

夜中、廃工場近く。
チェイスという友達を無くした事を悲しむハート。
『約束の数にも入らないのだから気にすることではない』と励ますメディックだが、「理屈じゃないんだよ」とハート。
ブレンとメディックは張り合う。

夜中、廃病院?
霧子はシフトカー・マッドドクターに頼み、こっそりとチェイスを治癒する。

連続予告爆破事件が発生。
直前まで調査していて、爆弾が無いと判断されたのにも関わらず、なぜか予告通り爆破したのだ。
「見えないバクダン…」、それが特状課にまわされた理由。
四件目は遊園地の爆破予告
警護の最中、泊は観覧車を撮影している不審な青年を発見。

「シュート・ロイミュード(『091』)」が登場。
観覧車を爆破したかったのに、マッハがジャマしたことを怒る。

りんなは包装紙のメモから、さらに新開発中。
剛は『戦うのは泊だけでもよいのではないか?』とグチる。

シュートは、以前写真を使って爆破したやつみたいに特殊なやつなのでは?
そこで、爆破予告事件の現場すべての監視カメラに登場している青年・茂木が浮上。
茂木を取り締まっている最中に『15時に四か所を爆破する』という新たな予告が。

遊園地で食らった大きなトゲから、爆弾の正体はメチャクチャ早い攻撃と判明。
それで場所を特定した。
りんなの開発したフォーミュラのサポートをする新しいシフトカー、「マンターン」「ジャッキー」「スパーナ」の力と、フォーミュラの超サポートで次々に爆発予告を未然に防ぐドライブ。
ドライブが行動している間、シュートをボコボコにしていたマッハだったが、先にデッドヒートの副作用で不利に。逆にボコボコにされて、変身が解除されてしまう。
そこにドライブが駆けつけて、シュート撃破。コアは逃す。

コア状態の『091』を、パットで吸収したブレン。

茂木はただの野次馬なのか?という疑念を残す。

再び夜中。花を持って、チェイスのもとに行く霧子。
チェイスは「お前が俺を助けたのか?」と問う。

『ニンニンジャーVSドライブ春休み合体1時間スペシャル』

脚本は三条さん。
映画番宣も含むお祭り特番。
パラレル扱いなのか、本編とはあんまり関係無さそう。
フォーミュラ出てるから時間軸は22話以降?
前回の鎧武トッキュウのコラボのオマージュがある。ブレン…。

『016』『057』撃破。
『089』は白髪の男、ディー博士のコピー。そいつも撃破。

第24話、『なにがマッハを走らせるのか』。

夜。メディック、ブレン。
ブレンによって『091』は復活。

自分たちを殺そうとしていても、それでもチェイスを信じる霧子。

前回の『091』の攻撃によって壊されたマッハのベルトを修理したりんな。
しかし、剛はさらなる強化を求める。

茂木は学生。茂木の周辺で再び爆発事故が。
シュートはやはり茂木のロイミュードだった。
軽いいたずらのつまりだった学校への爆破予告が現実に。
預言者のような快感にハマっていった茂木だったが、自分の意思に離反していくシュートにおびえる。

シュートを倒そうとするマッハだったが、新たな毒の攻撃に苦しむ。

なぜか最近焦っている剛の変化に気付いていた泊。

チェイスやドライブの進化についていけない焦りが、剛の最近の不安定さの理由。
「ドライブは使用者の気持ちとリンクしている所がある」と、ベルトさんが励ます。

特状課。
茂木の携帯に、ついに茂木自身を爆破するという予告が。
時間は15分後。ドタバタ。みんな出て行って、茂木と本願寺だけが残される。

屋上。剛と霧子。
幼少時、剛が習っていた空手で初めて負けたとき、根拠のない自身で次の試合は勝利した思い出。
霧子は、そういう剛の事を信じている。
元気が出た剛。

シュートの攻撃を防ぐデッドヒートマッハ。
自信を取り戻したマッハは、苦手だった毒の攻撃もはじき、バースト状態すら操る。
『シュート(091)』撃破。

ハートの役に立つと見込んでシュートを復活させたブレンの早計をバカにするメディック
デッドゾーンを乗り越えたマッハに興味のあるハート。

本願寺と茂木の間では、死線を乗り越えて謎の絆が生まれていた。
りんなはもう一つのマッハベルトを作っていたが、剛はもういらないらしい。

夜中廃病院。
完治したらしきチェイスは、霧子の見舞いの花を数輪持ち、病院を抜け出した。
おそらく花はカーネーション

感想

メディックがチートすぎる。
偽装死体も作れるし、治癒能力もあるし、洗脳もできるし…。
あ、でも偽装死体はコピーの延長で他のロイミュードもできるかもしれない。
メディックは、やってる事ホントにえげつない。
ハートにウソついたのは嫌われたくない乙女心的なこと考えたけど、
別にそんなことなく利害を考えた結果ああなったんだなとも思える。
復活した時からハート大好きスタイルなのは何か理由あるんだろうか。
確かにハートはスゲーいいキャラしてるし、つい慕っちゃうカリスマあるけどね。

新タイプのフォーミュラ出てきた。胸元がフロント部分なのか笑った。
青と黄色のカラーリングは爽やかでいいけど、やっぱ微妙にダサいぞ。
りんなの作った予備ベルトって、チェイスが三号ライダーの伏線ってワケじゃないのかな。


kame0game.hatenablog.com

広告を非表示にする