読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どどめ色の闇鍋

色々な備忘録。平成仮面ライダーとゲームが多い。すべて個人の感想です。

仮面ライダードライブ第3話感想

 

第3話 『だれが彼女の笑顔を奪ったのか』。

 

kame0game.hatenablog.com

 

 

 あらすじ

夕方。

追田は男子高校生2人から、話を聞いていた。 なんでも、美術館で一緒にいた女子高校生2人が、どんよりの間に突然いなくなったのだと言う。 さらに怪物の目撃情報が加わり、追田は特状課が出てくるのではないかと考える。
その光景を陰から見ている白いシフトカー。

 

久瑠間(くるま)運転免許試験場。

食堂で休んでいるのかサボっているのかわからない泊を咎める霧子。
バネに例えて説明する泊に対して、「ダメな大人の言い訳は聞きたくありません。そんな人は仮面ライダーとは言えませんよ。」と諭す。
そこに、事件が発生したので特状課のメンバー集合を促す本願寺の放送。
戻ろうとする二人の前に、冒頭の白いシフトカーが。 「ベガス…」、そう呟いた霧子は持っていたコップを落としてしまう。

 

事件が発生した美術館を、1話のヘンテコ装置で調査する泊と霧子。

 

特状課に帰ってきた泊・霧子・追田。
重加速粒子が残っていた事に加え、男子高校生の証言もあるので怪物の起こした事件だと言う霧子。
どうみても行方不明事件だ、と言う追田。
そこにネット大好きなメガネこと西城が、一週間前に発生した幽霊アトリエ事件を話す。 女性だけの幽霊を怪物が食べていたという事件だ。
西城は、”女性だけ”という共通点から、同じ犯人だと主張するが、追田はオカルトだと一掃。

本願寺ガラケー占いで、メンバー分けをする。泊、霧子、西城はアトリエの調査。追田はりんなと組む事になったが、肝心のりんなは今日は休みだった。

 

車内。

泊は、「シャレたシフトカーが来てから霧子の様子がおかしくないか」とベルトさんに問う。 シフトカーの中には独自に事件を追っているモノがいる、「ドリームベガス」は霧子に深い関わりのある怪物を探していた。

 

世田谷区、「アトリエ アバンギャルド」。

主人の浅矢一広(あさや かずひろ)。ルー大柴
前衛的な美女画で有名な画家でもある。 霧子をモデルにしたいと誘う浅矢だったが、弟子の富士宮が咎める。 怒った浅矢は、富士宮にスケッチブックを投げつける。

 

アトリエ前。

浅矢が怪しいとにらむ泊と霧子。 西城は、幽霊の写真を収めようとしていたが、その光景も怪しい。 そこに、どんよりが。 背後から現れた怪物の攻撃で、霧子の右腕が光の糸になる。 過去のトラウマがフラッシュバックする霧子。 シフトカーのトランプアタックで怪物をひるませ、ベルトの横にシフトカーを装着したことで難を逃れる。 同時に駆けつけたトライドロン。 ドライブに変身。 西城は、ゆっくりとハシゴから落ちていた。 進化態だから注意しろとベルトさん。

「きさまが噂の新しい仮面ライダーか!」

 

ニューフェイスのベガスにタイヤコウカーン。 フルスロットル・ベガスは、ハズレでショボイ。

 

ハート、ブレン、チェイサーは男を追っていた。 男の正体はロイミュード「051」。

銀行強盗をして派手な動きをしたためにチェイサーによって、ナンバープレートの状態へ。 ブレンの持つ電子デバイス?のようなものに吸収される。 絵描き…ペイントを要注意する事を話す。

 

調査中、弟子とぶつかる霧子。

ピット。 ベルトさん曰く、 ロイミュードは人間の皮質に近い膜を全身に張れ、鼓動などのデータも偽装できる。 その上、重加速粒子も測定できず、判断は難しい。

「それを救ってあげられるのがあなたじゃないんですか?のろのろしている場合じゃないでしょう」

「だけどな、厄介な相手だぜ。ヤツらは人間の世界に溶け込んでいた方が安全だって事を知っているんだ」

「理屈はわかります。でも…でも!それを飛び越えて人間を救ってあげられるのが…!」

「それが…仮面ライダー…ってヤツ?」

霧子、ピットを出ていく。
ベルトさんによると、半年前、グローバルフリーズの時、霧子は泊と同じように心にキズを負った。 人間をデータ化する敵に襲われたが、プロトドライブによって救われた。 お姫様抱っこもされた。 敵はプロトドライブを仮面ライダーと名付け、ロイミュードにとって宿敵の異名になった。 敵のコアを破壊する力の無かったプロトドライブは、戦いの後に命を落とした。

 

霧子は先ほどぶつかったときに、こっそりと挟まれたメモに気付く。
事件のことで内密に伝えたい事がある…、霧子は一人でアトリエに向かう。

 

同じ頃、特状課。

女の子を光の糸にした後、どうするのかわからなくて、モヤモヤする泊。 西城がリストアップした被害者の美女のリストを見て、何かに気づく。

 

霧子は、さらわれた女性たちがデータ化されて絵に描かれていると気付いた。 そこに浅矢の足音が、弟子に連れ出され、見つからずにすんだが、絵を持っていったせいで気付かれる。
弟子に感謝する霧子だが、弟子の正体は霧子をデータ化して最高の絵を描こうとするロイミュードだった。 ナンバープレートは、「084」。

再びデータ化されそうになる霧子だったが、駆けつけてきた泊によってセーフ。 弟子の所持品のスケッチブックの女性の絵と、行方不明の女性の髪飾りの共通点から、犯人は弟子だとアタリをつけたのだった。 幽霊アトリエ事件は、絵から逃げ出そうとする女性たちを捕まえる弟子の姿。

ドライブに変身! スピンミキサーのコンクリ弾と、マッシブモンスターの噛みつきアタックで撃破。

事件は解決したと思われたが、もとに戻ったのは、スケッチブックの下書きの被害者のみ。 そこで、2人には気づく。 進化態の光は虹色だったが、今のロイミュードの光は灰色。 さらに半年前に霧子を襲ったロイミュードのナンバーは、「010」。 犯人は二人いた。 そして、もう一人は浅矢。

 

突然、攻撃が。 霧子を庇うドライブ。 2人の前に現れたチェイス。

「この男…まさか…!?」

驚くベルトさん。 チェイスは異形の姿へと変身。 魔進(ましん)チェイサー、ロイミュードの番人、死神と名乗る。
チェイスVSドライブ。 

 

感想

幽霊アトリエ事件が10月14日、午後10時ごろに目撃された事件。 一週間前の事件という事は現在の時間軸は、10月21日くらい。

泊は、西城を究ちゃんって呼ぶのか。 基本的に軽くてキザ、だけどやるときはやる?なのかな。

霧子の過去話。 今の霧子はデータなのかと一瞬ヒヤヒヤしたけど、さすがにそれじゃあフィリップそのままだもんな。 それにしても生身の人間だとしたら、驚異的な身体能力。

今回でドライブに対して、深い信頼がある事が発覚した霧子だけど、それだと笑わない理由には繋がらない。 プロトドライブの死に関係しているとか? そして、プロトドライブの正体は誰だ。

  1. 本命…チェイス。何かがきっかけで敵側に裏返った?もしくは肉体のデータを、ロイミュードが勝手にサルベージした?
  2. 対抗…ベルトさん=博士。死ぬ間際にベルトさんにデータを移行、もしくはコピーさせた?
  3. 大穴…おでんムキムキ兄貴の例のように、全く知らない新キャラ? どっちかというとチェイスは、2号ライダーの線が濃厚のようだけど。

次回に期待。

 

 

kame0game.hatenablog.com

 

広告を非表示にする