どどめ色の闇鍋

色々な備忘録。平成仮面ライダーとゲームが多い。すべて個人の感想です。

【ADV】フリーゲーム「殺戮の天使」の1~4話の感想・レビュー

f:id:kame0game:20161003234905j:plain

 

DLサイト様

ジャンル・サイコホラーADV。

プレイ時間・エピソードひとつで約1時間。全4作。

続きからはネタバレ

続きを読む

最近やったゲームの感想・レビュー【10月1日】

ペルソナ5

 

一周するのに約70時間(難易度ノーマル)かかりました。 

ゲームのペルソナシリーズに触れるのは初めてだったけれど、ジャパニーズRPGおもしれーって久しぶりに思える作品でした。
ゲームの続きが気になってさっさと家に帰りたい、という童心にかえれた。

オシャレなジュブナイルモノなのはメディアミックスで知ってたけれど、それに加えて洗練されたインターフェースや魅力的なキャラクターのパワーが凄まじいなあ。

 


シナリオ

『主人公が(冤罪の)前科を持ってしまったことで知らない土地へ飛ばされ、大人たちの冷酷な対応にもまれながらも、レッテルに苦しむ同年代のキャラクターたちと奮闘する』というダーティさ。
明るい話ではないけれど、マスコット的な可愛さを持つモルガナや、浅慮だけどまっすぐな竜司、セクシーでキュートな杏など、キャラクターの魅力が特に心が折れそうな序盤のモチベーションをあげてくれます。

 

序盤がえげつないので、あざとさを感じさせずに自然と好感を持たせてくれるキャラクターの存在が重要だと思うんですが、長年つづいているペルソナシリーズのノウハウを生かしているのか、そのへんがとてもうまい。

竜司は最初の印象こそガラの悪いヤンキーなんですが、見捨てられた過去のせいなのか、ときおりこちらの対応をうかがうような繊細さを見せるところとか、死ね!とかそういう暴言は吐かないところとか(クソ!は言う)、うまーく「最初に交友を深めるキャラクター」としての魅力が出ているんじゃないでしょうか。

 

学生と怪盗の二重生活をおくりながら、パラメーターを上昇させたり、バイトに励んだり、コミュニティを深めたり……そういう少しずつやれることが増えるのがたまらなく楽しい。
さまざまなペルソナに目覚めて、バトルで相手の属性をついて…という部分もグッド。
コミュニティを進めると、いろんな部分が快適になるのもいいね。

 

そういやピカレスクロマンって銘打ってるからか、コミュの相手が「はぐれもの」で統一されてるいるんですね。
社会とか人間関係とかベースは色々だけど、そういう人たちと交流して絆を深めて、その結果の終盤の展開とか良かったですね。
恋人になったら終盤完全にCEROが仕事してないのは笑った。
春を恋人にしたかったけれど、自分のスケジュール調整がヘタクソなので女医さんが恋人になりました。

 

最初の自由行動ができるまでに10時間くらいはかかるんですが、通学のマップ移動とか水増しっぽいムダな行動を省略してくれるので、プレイ時間のわりにはサクサク進んだ体感。
純粋に物語の続きが気になるし、ピカレスクロマンの名前に恥じないシナリオでした。
公式がネタバレ厳守っぽいので深くは語りませんが、8割真相がわかってもう終わった気分になっていたら実は6割で残りの4割が怒涛の展開だったとかそういう感じです。

 

製作に8年かかったようだけど、コレ一本で10年は戦えるRPGになったと思う。
おもしろかったです。
好きなキャラは春と喜多川と、存在がネタバレな子です。

 

 

ゼノギアス

キスレブでバトリングしてるとこまで進んだから、10時間くらいかな。
裏設定が膨大な名作RPGと聞いてやっているんですが、イマイチその面白さにたどりつけてないです。
まだ4分の1しか進んでいないせいだと思うけど、バトルがあんま楽しくないんですよね…。連打…。
本作が人生の一本になっているひとも多そうですしできれば最後までやりたいんですけれど、20時間までやってピンとこなかったら自分には合わなかったということで挫折します。

「ダンガンロンパ3 -希望編-」および『アニメ「ダンガンロンパ3」』の感想・レビュー

 

kame0game.hatenablog.com

 

kame0game.hatenablog.com

 

希望編も放映されて、これにてダンガンロンパプロジェクトもとい苗木VS江ノ島から始まったダンガンロンパは完結。
いままでの集大成ということでファンサービスは豊富でした。

 

で、このロンパ3は、ダンガンロンパシリーズをスピンオフ含めて追う熱心なファンに向けて作っていて、なおかつリアルタイムで追うことで120パーセントぐらい楽しめる仕様になっていたんだろうなあ。(公式サイトも回によって変更が加えられていたし)。
というか完結編と銘打っている時点でそうか。

なのでファン以外は確実に置いていかれる仕様。
ネタバレがすさまじいので、ロンパシリーズが気になる人はアニメからではなく2から始めてほしいところ。

 

あとは感想兼総評です。
はたしてロンパ3というアニメは放映されて良かったのか、それとも閉じたままゲームで終わったほうがよかったのか、どちらが好ましかったのかはもうわからん。
落ち着いたら加筆修正するかもしれない。

 

続きを読む

「ダンガンロンパ3 -未来編-」の感想・レビュー

f:id:kame0game:20160927134855j:plain

ダンガンロンパプロジェクトのひとつ『未来編』
苗木誠(1の主人公)がメインの、ゲームと同じくソリッドシチュエーションから始まる物語。

 

未来編はほぼ全てのキャラが新規ということで放送が終わるまでに全員おぼえられるか心配だったんですがそこはさすがのロンパ。たくみなキャラ造形と濃さで大丈夫でした。
ただまあ露悪的で意地の悪い関係性が多い。
ひとつ歯車が狂ったせいで、とかそういうレベルじゃなく根本からねじれて入りまじってどうしようもない。

 

デスゲームものにしては(尺の都合で)キャラクターが強制的に頭が悪くなっているのが気になったけれど、人物の描写に重視を置いたのは良計。
1話と最終回で180度印象が変わったキャラクターも多いんじゃないでしょうか。

 

個人的に、宗方一派とルルカ周辺は絶望編の尺を使ってでも描写したかいのあるキャラクターだった。
でも未来編のオチは正直「は?」ってなりました。
キャラクターはホント良かったんですけれど、ギミックはロンパシリーズで歴代の「は?」。希望編が無かったらブチきれてた。あと、バトル要素はこんなにいらなかった。

このままだとキャラクター以外で良いところが見つからないので、希望編はダンガンロンパ完結と銘打っていることですし期待しています。いや、もうほんとうにかけてるんで頑張ってください。

 

あとは不満点と希望編の予想とキャラ感想。

 

続きを読む